プロフィール

庄内人

Author:庄内人
・立川JUDO指導者してます。
・稽古場所
 庄内町立立川中学校武道場
・団員、部員随時募集中!

≪お知らせ≫
『庄内人』『ダシ風』で更新します。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

全記事表示リンク

最新コメント

RSS

タックル技ってあり?

 庄内人日記ですよ。にわとり

 レスリング化(タックル技)した国際柔道に関する記事がありました。下記の通り。絵文字名を入力してください


<柔道>ルール改正にロシアが異議…「タックル技」規制巡り
12月10日19時9分配信 毎日新聞

 柔道で試験導入されている「タックル技」規制のルール改正を巡り、ロシア女子チームのアナトリー・ラフリン・ヘッドコーチ(71)は10日、東京都内で開かれた会見で「国際連盟の一部の人によってなされた非常識な解決策だ。近い将来、ルールはまた元に戻るだろう」と述べ、ルール改正への動きをけん制した。

 11日開幕のグランドスラム東京大会(旧嘉納杯東京国際)でも、組み合わずにいきなり脚を取ると1回目で「指導」、2回目で「反則負け」となる。ロシアは国技「サンボ」が由来のタックル技を得意とする選手がおり、発言はそうした選手への配慮とみられる。

 柔道家として知られるプーチン・ロシア首相に柔道を教えたラフリン氏は、組んで戦うことを重視する講道館柔道を「柔道の古典」と評しつつ、ルール改正で「創始者(嘉納治五郎)が作った(朽ち木倒しなどの)いくつかの技が規制されている」と批判した。一方、会見に同席した全日本柔道連盟の藤田真郎国際委員長は「我々もベストだとは思っていない。ひどい柔道を正すためのベターな選択だ」と述べた。【芳賀竜也】



 ラフリン氏の言っている事は間違ってないっスね。ただ、「サンボ」じゃなくて『柔道』をしましょう。ぴーす
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す